浮腫み足にサヨウナラ!むくみ足の改善に効く方法

朝起きて、お化粧して、いつも通りのスーツや大好きな洋服を着て可愛いパンプスを履いて、今日も完璧!なんて思っていたのに、立ち仕事や座ったままの事務仕事で脚がパンパン!!なんていう経験はありませんか?

靴が朝よりもキツく感じたり、パンツまでもが心なしかキツく感じたりと浮腫みによる悩みには個人差があるものの、本当に辛いですよね。ですが、そんな辛さを和らげる方法があるんです。

むくみ足の改善に効く方法

たとえば、浮腫みを抑える着圧・弾性ストッキングを着用してみるこの時、浮腫みの度合いを確認しながら選ぶと良いと思います。

また、靴の中で足の指をグーパーとしてみたり、足首を回す運動もかなり効果的です。こちらは一般的な解消法ですね。加えて、足の付け根(股関節)を痛気持ちい程の力加減でマッサージするのも、夕方の浮腫み方に変化がみられると思いますよ。

この時、なるべくゆっくりと動かすと筋肉もほぐれやすく、心身のリラックスにも繋がります。飲み物を選ぶ際も、利尿作用のあるお茶やハーブティーを選ぶのが良いと思います。

dioh

浮腫みというのは、長時間同じ体制などから起こる神経の圧迫や、代謝が悪く血液の循環が鈍い場合等に起こります。ストレッチをしつつ、浮腫みに効果のある飲み物をプラスするだけでもかなり変化があるはずです。

この時、飲み物はなるべく冷たいものよりも、常温かホットで飲むようにして下さい。冷たすぎると体が冷えてしまい余計に代謝が悪くなってしまいます。体が冷えると、浮腫みだけでなく、便秘になり、便秘が原因で肌荒れをしたりと、浮腫み以外の症状がたくさん出てきてしまいます。

そうならない為にも体温程の温度がベストです。帰宅後、家で行う浮腫み対策として、入浴時もとっても大切な時間です。湯船に浸かりながら足裏をゆっくりマッサージしたり、足指の運動をしてみて下さい。

ここで大事なのは、ただただ同じ部分をマッサージせず、溜まったリンパを膝裏のくぼんだ部分まで誘導するのが効果的です。

jsbjs

流れとしては、まずは足の指と指の間に手の指を入れます。この時、手の親指が自由に動くようにして下さい。その親指で足裏のアーチをプッシュします。

指はほどかず、絡めたまま足首を回してほぐします。絡めた指をほどき、次はアキレス腱を軽くギュッギュッと摘むようにマッサージし、上へ上へとそのままふくらはぎを同じようにマッサージして膝裏でゆっくりプッシュ。下から上へとリンパを流すようにマッサージしてみて下さい。

足がポカポカとしてきたら上手く出来ている証拠です。オイル等を塗ってマッサージすると肌と肌の摩擦が少なく保湿効果も得られるので一石二鳥です。ここまですればほぼ改善出来ますが、もっと簡単にしたい!ということであれば、就寝時用の着圧ストッキングを履くだけでもかなり効果はあります。

着圧ストッキングは高いという方には、仰向けの状態で両足を上げ、ふくらはぎをぷるぷるぷるっと動かしてみて下さい。10〜15秒くらいでも十分な効果が得られますよ。

その他にも、上記で述べたように足を上げ、両手をグーにします。(親指を包み込むように握る方がいいです。)親指の付け根辺りを膝裏に当てて、足を上下に振ります。痛みが強いほど浮腫んでいる証拠ですので、和らぐまで頑張って動かしてみて下さい。

これはかなり効果があるので、是非試してみて下さい。浮腫み対策は様々な方法がありますので、ご自身に合った方法を取り入れてみて下さいね。

むくみと体内の水分代謝との関係性

むくみの悩みを持つ女性は多いと思いますが、解消するにはいくつかの方法があります。まずむくみの原因として、体内の水分代謝が悪いことが1番の原因として挙げられます。同じ年代の女性でもむくみやすい人とむくみにくい人がいるように、体の水分の代謝の状態には個人差があります。

むくみに悩む女性

血液の循環によって、体内で不要になった水分は体外へと排出されていきますが、血液の循環が悪いと、この余分な水分が体に溜まっていくことになり、結果としてむくみという症状が出るのです。

血液の循環をよくして不要な水分を体の外に排出

血液の循環を良くして、体内の不要な水分を体の外に排出させるよう促す、これがむくみを解消するためにはとても大切なことです。

むくみの図

まず、むくみを解消する方法として、一番簡単にできる方法は、マッサージやストレッチを定期的に行う、という方法です。これは、自分でも簡単に行うことができますし、定期的にリラクゼーションサロンなどに訪れて専門的なマッサージを行ってもらうのでも構いません。

血液の循環が悪くなっている状態を改善させることがまず大切なので、凝り固まった筋肉を放置することなく、意識的にほぐしてあげることが必要です。

体が冷えていることもむくみを引き起こす原因

次に、体が冷えていることもむくみを引き起こす原因となります。女性は冷え性の人が多いので、むくみも起こしやすい人が多いのです。

体が冷えている状態が続くと、血液の循環が悪くなり、結果として体に不要な水分を排出させることができず、体に溜まってしまうことになり、むくみがひどくなってしまうのです。解消法としては、体を冷やす生活習慣をなるべく避け、夏場でもできるだけ入浴をするようにするなど、下半身を意識的に暖めるようにしましょう。足が一番むくみやすい箇所であり、体の不要な水分がたまりやすいので、注意をして暖めるようにすると効果的です。

むくみサプリメントも効果的

最後にむくみを改善する効果があるサプリメントを摂り入れることで、体の内側からむくみを解消していくようにすると、体質を改善することもできます。

むくみを解消させ効果のあるサプリメントはさまざまな種類が出ていますので、色々と試してみるのも良いかもしれません。むくみを解消する成分は、カリウム、メリロート、シトルリンなどです。サプリメントを選ぶときにこの成分に注意をして、しっかりと含まれているものを選ぶようにしましょう。サプリメントによって体の内側からむくみを解消し、マッサージによって血液循環を良くすれば、むくみの悩みともさよならできます。

むくみの悩みにサプリとメンテナンス

毎日の仕事や趣味に忙しくてなかなか自分の体のことを考えません。気が付くとそんなに食べているわけでも飲んでいるわけでもないのに足がむくんで体がだるいことがあります。むくみは女性の悩みかと思えば最近は男性でも悩む人が多いそうです。

むくみはなぜ起こる?
むくみのメカニズム

むくみの原因は暴飲暴食。不規則な生活スタイル。運動不足による冷え性。同じ体制での仕事、特にデスクワークに多く見られがちです。夏なのに汗をかかない、トイレにもいかないど体全体は何となくフニャフニャしているし、だるいのは体の中の不老物が外に流れ出ないからとされています。

むくみの原因と改善策

むくんだ足

カリウムを含む食材を取り入れて規則正しい食生活

規則正しい食生活といわれてもなかなかできるものではありません。コンビニなどの食事ばかりとってはどうしても栄養が偏りがちになります。カリウムを多く含んだ食材(きゅうり・バナナ・リンゴ・緑黄色野菜・海藻など)を毎食取り入れるとよいです。また、意外ですがカフェイン飲料を飲むのもいいとされています。

1時間に一度は背筋を伸ばしてリンパの流れを良くします

仕事をしていると同じ姿勢で何時間過ごすことがあります。こと書類などを扱って根を詰めた作業が続くと一息つくことを忘れがちです。20代くらいならいいのですが30代を超えると下がったものを上に持ち上げる力が弱ってきます。

リンパ節の中で一番大きな鼠蹊(そけい)リンパ節は下半身の付け根にあります。ここはどんな状況でも常に体を支えていますので滞りがちになります。1時間に1度くらいは足を動かしたり、背伸びをしたりと一息入れて体のリンパ腺の滞りを良くしていきます。

冷え性はむくみの大敵

体の冷えを感じる人はむくみの悩みも多いです。夏はおしゃれに足元も裸足で過ごしたいところですが、冷え性のある方は午後になると足がむくんで冷たくなっています。ことにクーラーなどにあたっている、冷えた食べ物や飲み物をたくさん取り入れる。こんなことをするとむくみは消えません。

冷えたかなと思ったら温かいコーヒーやお茶などいかがですか?カフェインは利尿作用があり30分ほどでお手洗いに行きたくなります。熱いからと露出度の高い服などは控え靴下などで下半身を冷やさないように心がけます。また、頸を冷やすのもむくみの原因となります。ストールや襟の突いた服を着ることも良いでしょう。

サプリメントとも取り入れて

食事や体操だけではなかなか新陳代謝が働かなくなるのが30代ごろからです。急に下半身が太くなってきます。特におなか周り。これがむくみの原因とされることもあります。原料を考える人もいますが、減量したところでむくみが改善されません。

そこで、サプリメントを佩用します。サプリメントは人それぞれ合う合わないがあるのでいろいろ試して自分に合ったものを選ぶのがコツです。特にアレルギーのある人は皮膚科の先生なのにも相談されたり病気によるむくみであればほかのお薬との兼ね合いも相談するといいでしょう。

リンパマッサージのすすめ

ヨガやストレッチを活用して最近はリンパマッサージも取り入れたコースをみかけます。体を温めながらストレッチとマッサージを行うと心地よい汗をかいたり新陳代謝を高めて体がリラックスできます。

お風呂に入った後にゆっくりとくつろぎながら新派マッサージをするのはいかがでしょう。リンパマッサージは体に過度な力を入れないでできるので自分でやほうがかえって気持ちが良いかもしれません。

むくみ解消のまとめ

むくみの原因は新陳代謝が悪くなることとされます。20代までならなんとか自分だけで解決できたことも薬などに頼るようになります。サプリを飲むことにためらってる方も多いと思います。まず、インターネットではなくて実際に薬局など手にして薬剤師さんなどに相談されるといいアドバイスがもらえるかもしれません。また、リンパマッサージはいろいろなところで講習会などがあります。お近くの講習会などに参加され楽しみながら悩みを解消するのもいいことです。

デブのもと!むくみは気になった時に落とさなくては定着してしまう!

むくんだ顔は不健康に見えるし、大顔に見えるし、メイクも決まらずカッコ悪い…。脚のむくみはだるさを伴ったりしてツライ…。

むくみに関する悩みを持った人は多いと思います。一番多いむくみの原因は塩分やアルコール、糖質の摂り過ぎです。

むくみの塩分

しっかりと排出がされず、身体の不要な場所に水分が滞ることで起こります。また、疲れや運動不足など生活習慣も関係していることがあります。

起床時の顔のむくみは活動を始めて数時間ほどで身体の下のほうへ停滞した水分が落ちていくので自然と解消されますが、速効的に取り除きたいのであれば頭皮のマッサージが有効です。

顔とつながっている頭皮を刺激すれば血行が良くなり、むくみ解消が期待できるのです。痛気持ちいい力加減で指の腹を使って頭皮全体を揉みましょう。特にむくみが目立つ目元も、眉頭に親指を当てて軽く力を入れながら眉尻へと移動させるマッサージが効果的です。

そして、一日活動すると不要な水分が行き着く場所は脚です。重力の関係上、当然のことですね。脚のむくみ解消には何と言ってもリンパマッサージです。

 

脚のむくみ解消にはリンパマッサージ

足首から膝の上へと雑巾を絞る手を意識してひねり上げます。血行が良くなっている状態で行うとより効果的なので湯船に漬かっている時などがオススメです。そして、就寝時の「脚まくら」も試してみてください。

寝転んだ時に脚が心臓より高くなるようにタオルを畳むなどして足首の下に差し込みます。余分な水分を心臓へ返してあげるイメージです。

むくみは放っておくと怖いのです。慢性化するとセルライトとなり、簡単に落とせなくなってしまいます。…つまり太くなってしまうということです!

その日溜まったむくみはきちんと取り除いておきたいですが、思うように落ちないなと感じたら、カリウムの摂取を心がけるようにしましょう。

注目されているキュウリに含まれるカリウム

きゅうり

最近では、むくみの解消にキュウリが注目されています。

キュウリは、カリウムをたくさん含んだ野菜なので、むくむみ解消に効果的です。

カリウムは摂り過ぎてしまった塩分や水分を押し流す働きがある成分で、キュウリはもちろん、ひじきやほうれん草、アボカドなどに多く含まれます。しかし、水に溶け出しやすい性質があり、調理の過程で失われることが多いため食べて摂取するのが少々困難です。

カリウムはサプリメントから摂取するのが良いでしょう。多数揃えられており、むくみが消えることでボディーラインが整えられることからダイエット効果があると人気なようです。調理の必要がないバナナやアーモンドをおやつ代わりに食べてカリウムを補うのもいいですね。