知っておきたい!脚のむくみを防ぐための3つのポイント

立ち仕事はもちろんですが、座り仕事、徒歩での通勤や旅行などでの散策時にも脚は浮腫みます。

その浮腫みをそのまま放置してしまうと、脚が太くなる原因にもなります。1日の終わりには、浮腫みを取り除いてあげる事が必要です。

脚のむくみを防ぐための3つのポイント

ioshsh

なるべく浮腫まないようにする3つの方法です。脚が浮腫む原因は血流の悪さや疲れなど色々ありますが、靴の中敷きをクッション性のあるものに変えてみたり、時々足首を回してあげたりすると疲れも和らぎ血流も良くなります。

座り仕事におすすめなのは、貧乏揺すり。ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、脚の浮腫みを解消して、脚を細くする効果も期待できます。

風呂あがりにマッサージで流す

isjioj

風呂あがりにオイルやクリームなど滑りの良いものを使い、膝裏に両親指をあて、その他の指などはベンケイを包むように配置。そして足首まで親指に少し力を入れながら押し流す。何度か繰り返しおこなった後は、足首のカカトあたりに窪んだ部分がありますが、こちらも摘まみながらコリコリして、その後は脚の裏を指圧。最後は脚の指を順番に引っ張って終了。

膝から下はとても疲れなどが溜まるので、1日の終わりにこうしたマッサージでながしてあげると、翌朝脚が少し軽くなり浮腫みも解消されます。

ナイトソックスで1日の疲れをリセット

程よい締め付け感のあるニーハイナイトソックス。夏場は暑いのでは?と思うかもしれませんが、通気性を良くした素材のものも販売されていて、夏場でも履けます。

ローションなどを塗った後や、オイルなどでマッサージをした後に履いてねれば、脚もスッキリしていて、保湿されていた分、肌もシットリして一石二鳥。洗い替え用も持っておくと便利です。価格も比較的安価ですし、程よい締め付け感が気持ちが良いのでおすすめです。

商品の中には、着圧が強めのものもあるので、なるべく柔らかい素材のものを選びましょう。ふくらはぎや脚の裏、膝下に疲れや重みや痛みを感じる時は脚に浮腫みが出るサインですので、足首を回したりするストレッチや、マッサージ、膝から下を軽く動かせるなど、血流や排毒をすると、浮腫みにくくなります。

また火照るような感じがある場合には、脚冷却シートなどを利用するのもおすすめです。1日の終わりに、その日の浮腫みは必ず流す、取り除くといった事をおすすめします。

 

カリウムを摂取して代謝向上

キュウリに多く含まれるカリウムですが、スイカやゴーヤなどにも含まれます。カリウムは、身体に溜まってしまった水分を強制的に吐き出す力があるため、身体の内側から、むくまないように体質改善することができます。

むくみは、根本的に身体に養分な水分が溜まってしまう症状なので、カリウムを摂取することで、むくみを改善することが可能です。

他にはメロリートやポリフェノールなどの、むくみ改善に有効な成分もありますが、即効性はカリウムの方が高い効果があります。

キュウリやスイカなど普段の生活で摂取しずらい食べ物が多いのですが、最近では、通販や薬局などで、むくみサプリというものが販売されています。その成分のほとんどがカリウムを主成分としたものになるので、そちらを利用しても良いかもしれません。

むくみサプリ
出典 むくみサプリ

安価なもので、1,000円前後で販売しているので、気になる方は1度試してみてください。

むくみの原因とリンパ節

そもそもむくみとは、血液中の水分が血管に出てしまうこと、血液循環が悪く、リンパ液の滞りによって起こる症状です。

原因はさまざまですが、多くが水分不足によって血液循環が悪くなっている場合や、運動不足による筋肉量の低下によって、血液循環が悪くなっている場合、デスクワークや立ち仕事で、同じ姿勢をとり続けていても身体はむくんでしまいます。

特にむくみを感じやすい部分は足ですよね。朝すんなりと履けたブーツが、夕方になると閉まらない!といった女性も多くいらっしゃいます。これは、血液や水分、それに含まれる老廃物は下へ下へと溜まりやすいからです。本来ならば、ふくらはぎがポンプの役割を果たしているので、下へ溜まった血液を心臓へ押し戻すのですが、女性は筋肉量が少ないため、その力が弱いことが多いです。そのため、足に老廃物が溜まりやすく、足がパンパンにむくんでしまうのです。

足のむくみのチェック方法としては、内側のくるぶしから指4本程上を、指で20秒ほど押します。足がむくんでいる方は、かなり、くぼみができます。このくぼみが5秒たっても戻らない、10秒たっても戻らない、、という方は、むくみがひどいと言えるでしょう。

足のむくみをとるためには、定番ですが、マッサージが効果的です。血流の良い、お風呂上がりに行ってくださいね。まず、足首と足の甲の付け根、押すとジーンとした痛みがある部分を10プッシュほどして下さい。
これは、リンパ節を開くためです。リンパ節を開いてからでないと、マッサージをしても効果は半減ですよ。次のリンパ節は、膝の裏です。真ん中をゴリゴリとほぐしていきましょう。むくみがひどい方、冷えがひどい方はこの時点で、かなり痛みがあると思います。痛気持ちいいくらいの力加減で行ってくださいね。

そして最後に股関節です。太ももの付け根ですね。ここも、痛気持ちいいくらいの力加減で、10プッシュから20プッシュ程していきましょう。この過程を行うと行わないとで、効果が全く違います。

まず足首から膝までを、マッサージクリームや、オイルなどで下から上へ、老廃物を押し上げるイメージでマッサージしていきましょう。次に膝から足の付け根まで、同じように下から上へマッサージしていきます。
これだけで、足がスッキリするのを感じます。

そして、寝るときに、クッションなどを足の下にひいて、足を心臓より高くして寝てみて下さい。翌朝、足がスッキリしているはずですよ。大切なのは、リンパ節をひらくとこです。ぜひ、お風呂上がりの習慣にしてみてくださいね!